NEWS

2017.10.17
  • JOURNAL

髪と見た目年齢の関係

みなさん、こんな経験はありませんか?

この人自分より年上かな?と思っていたのに、自分より年下だったこと。
その反対に、自分と同じか年下かなと思っていたのに、自分より5つも6つも年上だったこと。

このように、見た目と実年齢の差に驚かされた・・・なんてことが。

今回は見た目年齢はなんで変わってくるのか、ご紹介したいと思います。

 

見た目年齢に大きく関わってくる要因

・女性ホルモンの減少
30歳を境目に、女性ホルモンが減少していきます。女性ホルモンが減少することにより髪の毛や肌などのハリやツヤがなくなっていきます。

・活性酸素が身体をさびさせる
活性酸素は毒性が強く、細胞を酸化させます。そのため老化や病気を引き起こすと言われています。


 

上記で見た目年齢の要因をご説明しましたが、人の見た目年齢の印象はどこで決まると思いますか?
肌?手?首?…

実は!髪の毛が大半を占めるのです。
見た目年齢の7割は髪で決まると言われているのです。

ですので、ツヤッツヤでハリのある髪を維持することで見た目年齢にかなりの差が出てくるのです。

見た目年齢を若くしたいのであれば、髪をきれいに保つことが鍵となります。

 


 

髪をきれいに維持する秘訣

 

・ブラッシング
頭皮に圧をかけながら、頭全体を色んな方向からマッサージするようにブラッシングしましょう。
シャンプー前にブラッシングすると、頭皮の汚れも落ちやすくなります。

 

・頭皮用マッサージ器具
頭皮用のマッサージ器具を使い、頭皮を揉みほぐしましょう。血行促進効果で髪もイキイキとします。

 

・頭皮用美容液やトリートメント
特にこの時期は乾燥が気になる季節です。
頭皮用美容液で頭皮の乾燥を防ぎ、トリートメントで髪の乾燥を防ぎましょう。
水素トリートメントを使うことにより活性酸素を取り除くことができるのでオススメです。

見た目年齢を若々しくするなら、顔よりもまずは髪の毛のお手入れをしてみましょう。

Minecolla Perfect3のご購入はこちら↓

×Close
×閉じる
aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa